自己紹介

新卒で自動販売機業界に入社し、すぐに辞めた話~研修編~

 

こんにちはtakaです!

今日は大学卒業後に新卒で入社した某飲料自動販売機会社の話をします。

結論から言うと様々な問題をニュースで報道されるようなブラックな会社だった(笑)

今ではどんな田舎でも必ず自動販売機はあります。自動販売機には毎日補充している人の存在で気軽に飲料を飲むことができます。

自動販売機業界について

自動販売機業界には2通り種類があります。

  1. 特定のメーカーのもの(コカ・コーラやダイドー等)
  2. 色々なメーカーの商品を取り扱ったもの

自分は2番のタイプの自動販売機会社に勤めました。

自動販売機普及台数

日本には現在約415万台の自動販売機があります。そのうちの約237万台が飲料の自販機。※2019年12月時点

つまり日本の半分が飲料の自販機でそんな業界に僕は入社をしました。

参照サイト:日本自動販売機システム機械工業会

補充してた自販機の種類

  1. 清涼飲料(カン、ビン、ペット)この補充がメイン 一日何千本も補充するので手首のスナップが鍛えられた(笑)
  2. 紙パック式 砂糖等が入っているのでゴキちゃんの存在も、、、
  3. 菓子パン ランダムで補充するため、クリームパンが食べたい等クレームも。コンビニで買え!
  4. 雑貨 自分は佐川急便専用の自販機に手袋やペン等補充してた。

入社までの経緯

就活氷河期に時代だったので約40社中2社しか内定を貰えれない糞学生だった。学生時代は勉強せず生産性のない遊びに全力で取り組んでたので自ら選択肢を狭めていた。

内定を貰った会社

  1. 文房具メーカー営業職
  2. 自販機ベンダーマーケティング職

俺は2番を選択してしまった!この決断は今後自分の人生の大きな分岐点となるとはこの時は思いもしなかった、、、

入社後配属までの流れ

内定を貰い、新社会人になり新たな人生にワクワクさん状態だった僕はさっそく1週間泊まり込みの研修に向かった。都内某研修センターに同期約100人程が集められた。

自分は新しい女性との出会いがあるかなーって完全に学生気分が抜けきらないまま参加した(笑)

1日目~入社式

まずは入社式。偉そうなやつが偉そうな話をそれなりにしていたが1ミリも覚えていない。昔から校長先生の話を聞くのが大嫌いだった。

研修日程に目を通してみると、二日目に外部講師を招いて特別講習を行うと記載されていた。何するんだろうとワクワクしていた。

夜は二人一組の部屋割になった。たまたま同じ神奈川県の小田原出身の人と同部屋になる。初対面の人と仲良くなるには下ネタは世界共通な分けですぐに意気投合。

2日目~特別講習

特別講習の教師が来た。見るからに鬼軍曹みたいな見た目に命令口調。ああこれから洗脳教育されるのかと察した。

講習内容は10チーム(1チーム10人)に分かれて軍事行進の練習を一日中して最後に発表会をして順位を決めるものであった。

北朝鮮の軍事行進をイメージ

そして練習が始まり、外部講師の連中達は僕ら新社会人を家畜のように扱った。暴力はなかったが言葉という暴力で泣き始める人も出始める程だ。

そんな中僕は比較的体育会系で育ってきたのでこの状況をなんか懐かしいなと楽しんでいた。周りを見渡せばそんな奴が多数。瞬発力を生かしたキレの良いターンで回りに差をつけていた。

そんなこんなで1日行進をし2日目は終了

3日目、4日目~座学講習

完全なる座学講習。社会人の基礎的なマナーや会社概要、業務内容を叩きこまれる。

2日目より地獄であった。座学中居眠りを指摘されて自己紹介をさせられた。周りに名前を憶えてもらえるというハイパーポジティブシンキングだったのだが今思えばただの馬鹿だ。(笑)

5日目(最終日)

配属先の発表で俺は目を疑った。

本社勤務での入社のはずが何故か二年の現場研修を言い渡される。何故だと質問したところ、みんな最低限現場での経験を積むらしい。

面接時に言えや!!詐欺だろこんなんと心の中で叫んでいた。

研修は終わり今まで厳しかった講師達の態度が急に優しくなる。「社会人頑張ってね!!」と送り出されるが心の中では何だこの茶番はと思って帰路に就いた。

 

次回の記事では配属された現場での話を記載しようと思います!

以上ご朗読ありがとうございます!!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

日本ブログ村に登録しているので少しでも面白かった、参考になったと感じて頂けてたら下記のアイコンの方をクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人

taka

神奈川県在住で1989年生まれ。30代に突入しブログ運営を始め、独身ならではの1人旅の情報を発信している。学生時代はサッカーしかしていなかったが今ではスマホ依存症。カラオケとサウナがストレス発散方法。座右の銘は「人生楽しんだ者勝ち」

-自己紹介

© 2021 takalog Powered by AFFINGER5